×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前の話シムトップ次の話

さて、魔法に失敗(?)してこんな姿になってしまった3人(5話参照

すぐに元に戻るだろうと思ってましたが、次の日になってもこのまま…
焦ってきたロンは元にもどる方法を探すために、ダイアゴン横丁に行ってみる事にしました。
(ハリーとハーマイオニーは仕事があるのでそのまま家に)

ロン「ダイアゴにょこちょー」
あっ…

ノクターン横丁
ロン「…まぁ、いいか。この姿じゃ僕って分からないだろうし」

あ、あの謎の人物もいました。

こちらではピピンが。
どうやら最近は中つ国にも通じているみたいです。
とりあえずこの辺りを牛耳っている「吸血鬼ヴィッキー」の所へ行ってみる事に。

ロン「は、初めまして」

ロン「実は、かくかくしかじかで…」

ヴィッキー「それならこれを持ち帰るがよい。」
と、何かアイテムをいただきました。

そして帰宅。

さっそくさっきのものを取り出すと…

ドーン!!!

うわっ!何?その大きいの!!卵?

中身が偏らないように転がしてあげたり

何か語りかけて遊んであげたり

音楽を聴かせてあげたり

お、音楽?!卵に??
アメリカではメジャーな事なんでしょうか…??
と、そこにお客さんが。

どうやらアラゴルンがピピンを連れて遊びにきたようです。
仲のいいシム同士はこんな風に、自分の友達を連れて遊びに来ることがあります。

ビックリした事にはスネイプ先生も付いて来ていました!!
いつの間に王様と仲良くなっていたんだろう…??
でもこの光景、にゃんこ達がしっかり見張っている中、
先生が弁解しているようで面白い…

スネイプ 「違う!我輩はただこのような格好をした子供が気になって…」
先生、何をしたんですか?

そんな事をしているうちに

卵が孵りました!
うわー!!ドラゴンだ!

ロニーにくすぐられたり、狼ロンにブラッシングしてもらったり
すっかり家族の一員になりました。動きがすごく可愛いです。
しかも世話をしていると、時々「ドラゴンのうろこ」や「ドラゴンの涙」などの
魔法に必要なアイテムを落としてくれます。
素敵なものをありがとうヴィッキー!!

ん?!

でも確か…ハリポタの世界ではドラゴンは飼育禁止ですよね。

つまり押し付けられた?!

でも可愛いからこっそり飼います。
今ならハグリッドの気持ちが分かる気がする…

さて、すっかり最初の本題からそれてしまいましたが
気が付くとハリーとハーマイオニー、

元に戻っていました。

でもなぜかロンは狼のまま…
落ち込んでいるロンを木陰から見てハリーは決意します。
ハリー「ロン、きっと僕が君を元の姿にもどしてあげるよ!」

前の話シムトップ次の話