×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前の話シムトップ次の話

怖い。

おや、何やらガラドリエル様とハリー様が…

お金の話をしている様ですね。
この組合せ、何か企んでいる様に見えるのは私だけでしょうか。
そしてその予感が的中したのか

レゴラスとハリーの魔法対決が始まりました!
ハリーの先制攻撃

ハリー様は最近、忍術にも興味がおありの様で、
そういえば先日も専門書を読み込んでました。
すぐに体得されるとは、さすがですね!

しかし、対するレゴラスもすごい技を持っていました。

そ、それは!その足の上げ方は!
まさしく第10話「ハリー頑張る」でエルロンド様が披露したあの技!

ハリー様はなぜかあの技に弱いんです…

― 30分後 ―

しーん…
どうやらこの二人、固まってしまったみたいです。

どっちを応援しとんじゃ!

そしてそのまま夜になり、
ライトアップがさらにパーク内を異様な雰囲気で満たし始めたので…

レゴラスには申し訳ありませんが、帰る事にしました。

<おまけ>

「はーい、本日華麗なマジックを披露してくれるのは、こちらのロンさんです」
「皆さま、大きな拍手でお出迎え下さーい」

「今から私がこの種も仕掛けも無い壷の中に入りまーす」

「もし私が悲鳴をあげても、驚かないで下さいね〜」




グサッ




「痛ったーーーーーーーい!!」

「このバカ!出直して来い!」

ブーブー
いや、私としては「痛い」位ですんだ方がマジックかと。

あと、ミイラには反対に棺おけに入れられるし

怖いはずの幽霊夫婦が楽しいステップを踏み出すし、もうサッパリです。

ヤケです。

前の話シムトップ次の話