×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前の話シムトップ次の話

ペットショップで感動の再会。
シリウスおじさん、どこでどう間違えたのか350シム$で売られておりました…
さっそく保護する事に。

元はここにいたクルックシャンクスは、何かを思い出すかのように一心に犬を見つめ続けていました。
さて、新たに家族の一員になったシリウスが初めにした事は…

やめてー!!
……しつけが必要なようですな。

しかしその他は

新聞を取ってきてくれたり
(完璧に犬)

二本足でフラミンゴちゃんと議論したり
(ちょっと人間)

新聞配達の女の子に恐がられたりと
(新聞たまり過ぎ)

初日からはしゃぎ過ぎてお腹空かせたまま寝てしまいました。

おっと、本編に戻りましょう。
今日はクリスマス!
シムの世界ではどんなイベントがあるのでしょう…

時刻はもうすぐ0時になろうという頃、家族全員が静かに眠っていると…

シャン

        シャン 

               

シャン
            シャン

シャン

              シャン

       シャン

シャン 

どこからか鈴の音が…
そして

ギュオ――――ン…

サンタ、異次元から登場。
暖炉意味なし。

そして用意してあったクッキーを平らげ

すでに家に一台あるのに、プレゼントのチェス台を召喚。

さらに人数分のプレゼントを懐から取り出し

メリー☆クリスマース!

異次元へと帰っていきました…
これがシムのクリスマスです。
サンタはワープしてやってくるのです。

しかも今夜はこれだけでは終わりませんでした。
サンタが消えた数時間後…

不気味な音楽と共にスカンク登場。
何やらシムの世界では危険動物らしく、
「はやく追い払わなければ!」という警告文まで出ました。

そこで一生懸命吠えて追い払うシリウス。
偉いぞ!

…が、彼はちょっと調子に乗りすぎました。
しつこく追いかけていると

ブシュー

洗 濯 の 刑 決 行






ロンが様子を見に来ました。


こうしてクリスマスの夜は明けていきました。

そして楽しみな朝。

普段と変わらぬ日常。
皆それぞれの生理的欲求を満たすのに一生懸命。
見かねた私は指示を出してプレゼントを開けさせました。

やってきたのはロニーとハーマイオニー。
箱を振ったり、色んな角度から見たり、楽しそうです。
でもそのまま懐に入れて、結局中身は謎なままでした…

しかも残りのプレゼントにまで手を出す二人。
結局この二人の為のクリスマスとなってしまいました。

おまけに世話をしなかったという事で、
「ドラゴンは荷物をまとめて家を出て行ってしまいました」
という文章が…

…荷物?

前の話シムトップ次の話