×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前の話シムトップ次の話

鋼家。
こちらもクリスマスの準備は万端!

…のハズでしたが机の上のクッキーが消失。
その先には怪しい黒い影が…

遊びに来ていたスネイプ教授に喰われました。

そんな隠れるように食べなくても…
しょうがないのでクッキーは新しく焼いて、教授にはお帰り願いました。

そして時間はもうすぐ0時――
家族全員、順番に「寝る」指示を出していると…

 

エドがさらわれとるー!!!

なす術もなく呆然とエドのいた場所を見守る二人と私…

何も知らない中尉。
果たしてこのまま続行してもサンタはくるのだろうか…
とりあえず残った三人を寝かせる事にしました。

アル「サンタさん、プレゼントはいらないから兄さんを返して下さい…」

ロイ「サンタさん、プレゼントはいらないから鋼のを返して下さい…」

大佐、その年でプレゼント貰う気だったんですか…

そして0時。

サンタは現れませんでした。

しかし朝にエドは無事帰還。

弟は心の中でサンタさんに感謝し、

大佐は宇宙人の話で盛り上がる二人の間に駆け込み、

噴水のある玄関前まで追い詰め、無理やりエドを抱擁。
左上のアルが着替えていることから、
この間に長い時間が過ぎている事をお察し下さい…

中尉はプレゼントを用意してくれていました。
こうして鋼家にはサンタは来なかったものの、
暖かいクリスマスを過ごす事ができたのでした。

…多分ね。

前の話シムトップ次の話