×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前の話シムトップ次の話

突然ですが、ハウル家で養子を迎える事になりました!
男の子だそうです。
名前を決めるよう言われたので、ここはやはり「カルシファー」で。

養子といってもまだ赤ちゃんなので、
3日間ほど付きっきりでお世話しなければいけません。

アラゴルンがお祝いに来てくれました。

お友達も連れて来たようです。
しかし、これが後の悲劇に…

それは、赤ちゃんにミルクを飲ませ終わった後…

何やら不機嫌なソフィーさん。

キレた。

バチ!!
どうやら、ハウルと仲良くしていたロンに嫉妬したみたいです。

人間関係を見るとこんな事に。
これ以上悪化させるわけにはいかないので、
お客さんには帰ってもらいました。

そのころのまじめな上様。

ハウルも手伝います。
そういえばこの家は不思議な力があって…

猫が立って歩き回ります。

トコトコ歩いてます。

でもドアを出るとすぐ元に。
うーん、不思議。

さて、話は戻ってカルシファーですが

上様がサンバな子守唄を歌った直後

ついに子どもに成長する時が!!
どんな姿になるのかはランダムです。
ドキドキする瞬間です。

こ、これは…!!
隙間から見える限り、完璧うちはの子に見えるような…

しかし重かったのか、ここで強制終了。
成長はリセットされてしまいました。
ホッとしたような、残念なような…
そしてもう一度立ち上げて、生まれたのがこちら!!

半分残っとる!!
てか、顔がロニー…!!

と言う事で、うちはロニーなカルシファーが誕生しました。
もう滅茶苦茶。
ちなみにこの子の性格はすごいです。

この家の子に違いない!!

あっ、性格といえば
いつの間にかハウルも薬を作ったようで、性格が逆転してました…

熱狂的に綺麗好きな家族の誕生です。

前の話シムトップ次の話